働き方

勤務時間

変形労働時間制

年間の所定労働時間を1,920時間とし、業務のスケジュールに応じて、1日の勤務時間を4~10時間で設定する働き方です。

「業務量が多い日には、長い時間の勤務を設定する」「業務量が少ない日には、短い時間の勤務を設定する」のように、先を見通した計画を立て、効率よく働きます。

長期休日

年間125日の休日のうち、20日を「長期休日」として取得します。小売業という仕事の特性上、年末年始やお盆などは仕事になることが多い分、そういった時期を避けて、まとまった休日を取得する制度です。

20日間の休日を、1~4回に分けて取得できるので、心身のリフレッシュとして活用できます。

成長を支える制度

資格登用制度

従業員に付与される資格(階級)に応じて、職務と給与が決定されます。年に1回実施する「登用試験」に合格することで上位の資格へ登用されます。

年齢・性別・国籍・障がいの有無などに関わらず、意欲と成果を発揮できる人材へ、キャリアアップのチャンスを提供する制度です。

イオンビジネススクール

目指すキャリアに向けた専門知識を学ぶ研修です。

店長コース、商品部コース、店舗開発コース、人事教育コースなど、自分の受けたいコースを自ら選択し受講します。受講状況や成果発表などから、優秀修了と認められ

ることで、目指すキャリアを実現する機会となります。

※開講するコースは毎年改変があります。

社内公募制度/グループ公募制度

イオン東北やイオングループの様々な事業や部署で、活躍を希望する人材を募る制度です。

例えば、新事業創設時や成長部門の人員強化の際に募集が行われます。自分の意思で希望する業務へ応募する機会です。

自己申告制度

年に1度、自分自身の業務取り組み状況やキャリアプランなどについて社長へ直接報告する制度です。

自分の意思を会社へ直接伝える機会となります。

セルフスタディ

専門知識の習得に向けた自己啓発を支援する制度です。公的資格の取得、通信教育の受講、書籍の定期購読などに掛かる費用を会社が補助します。

働きやすさを支える制度

メンター制度

入社から1年間は、入社年次の近い先輩社員が、メンターというサポート担当となり定期的に面談をします。

日々の業務の中での悩みごとやわからないことを先輩に相談し、経験やノウハウを学ぶことで、自身の業務に活かす機会となります。

産前産後休暇/育児休職・育児勤務制度

出産や育児にあたり、一定期間の休職や、時間短縮での勤務ができる制度です。

社宅制度

転居を伴う転勤の場合は、会社が住宅の手配や契約を行い、従業員の社宅とする制度です。社宅に入居する家族の人数により、間取りや社宅費(自己負担金額)が変わります。

福利厚生

従業員買物割引

イオン東北の店舗で買い物をすると割引が受けられる制度です。また、イオングループ各社の店舗やサービスを利用した場合の多くも、割引や特典を受けられます。

イオングッドライフクラブ(共済会)

会費を毎月拠出することで、様々な福利厚生を受けることができます。結婚時のお祝い金、休職時の見舞金、提携施設の利用優待などを受けられます。

Q&A

転勤はどれくらいの頻度でありますか?

転勤の頻度は決まっている訳ではありません。

イオン東北では、「転勤=キャリアアップの機会」と捉えています。登用試験合格による昇格や、キャリアアップのための制度を活用することで、転勤となる方が多くいます。また、昇格や制度の活用がなくとも、能力を別の場所で発揮し、新たな経験を積んでもらう機会として転勤となることがあります。

実家から通勤することはできますか?

原則として、通勤片道50キロ以上、または通勤時間90分を超える場合は社宅入居となります。
また通勤に不便や心配がある場合にも、安心して通勤できるよう社宅への入居としております。

残業はどれくらいありますか?

平均残業時間は1か月あたり15.7時間(2019年度実績)です。ただし、やむを得ない場合を除き、基本的に残業は0とするよう管理を行っています。

これは、長い時間働くことよりも、限られた時間で成果を出すことを重視しているためです。変形労働時間制のメリットを活かし、先を見通した計画を立て、時間を効率よく使って働くことが重要です。

応募に必要な資格や経験はありますか?

必須としている資格や経験はありません。ただし「自動車運転免許」の所持は推奨しています。イオン東北の店舗は、交通アクセスの良い場所ばかりではありません。そのため、通勤や休日をより便利に充実させるためには、自動車運転免許は持っておいた方が良いと考えています。

配属となる勤務地や部署はどのように決まりますか?

みなさまのご希望や適性、目指すキャリアなどをもとに、最終的には会社側で決定させていただきます。面接の中ではもちろん、入社までの間にみなさまのご希望をお伺いする機会を取っております。